日 本 の 美 術
HOMEブログ本館日本文化美術批評東京を描く水彩画動物写真 | プロフィール掲示板



京都祇園祭の旅



(祇園祭山鉾巡行)

余は幼少の頃より祭好きにて、東京の祭はほぼ見尽くせるといへども、京都の祭は見たることなし。なかでも祇園祭は、足腰の立つうちに是非見物せばやと思ひをりしところなり。その思ひつひにかなひ、この夏(平成廿七年)京に一人旅をなして、祇園祭の後祭を見物す。前祭は混雑甚だしと聞き、しかも未だ梅雨の明けぬ前のことなれば、雨にたたらるる恐れもあり。後祭ならば、梅雨明け後にて、しかも前祭に比すれば混雑も甚だしからず、と思ひたればなり。

ホテルの手配をなせしは昨年暮れのことなりしが、その時点にして大手・有名旅館はことごとく満員なり。後祭といへども、膨大な数の観光客を吸収することにおいては、前祭にさほど劣らざるものの如し。

されども、京都駅前の交通至便なるホテルに予約するを得たるは幸ひなりき。アパホテルといひて、京都駅前烏丸塩小路交差点の北東に位置す。京都駅より徒歩三分ほどの所なり。ビジネスホテルなれど、短期滞在には不足なし。ここを拠点に、祇園祭の見物に赴き、また寺社巡りをなさんとは思ふなり。

以下、例によって旅の印象を記録す。名づけて京都祇園祭の旅となす。




京都祇園祭の旅(その一)高台寺
京都祇園祭の旅(その二)祇園祭宵山
京都祇園祭の旅(その三)京都祇園祭山鉾巡幸
京都祇園祭の旅(その四)永観堂、南禅寺、平安神宮
京都祇園祭の旅(その五)西陣、北野天満宮
京都祇園祭の旅(その六)鞍馬、貴船
京都祇園祭の旅(その七)泉湧寺、東福寺
京都祇園祭の旅(その八)伏見







HOME京都古寺巡り次へ










作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2015
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである