日 本 の 美 術
HOMEブログ本館日本文化美術批評東京を描く水彩画動物写真 |プロフィール掲示板



飛鳥・白鳳時代の美術


仏教の伝来は、公式記録(日本書紀)では、欽明天皇七年(538)に百済の聖明王から我が国に仏像・経倫などが伝えられたのが始まりということになっている。受容にあたっては、複雑な反応もあったが、聖徳太子の時代(六世紀末)には、本格的に受容された。

仏教の受容とともに仏教寺院の建設も始まった。最初の仏教寺院は蘇我馬子が飛鳥に作った法興寺(飛鳥寺)である。日本書紀によれば、着工は592(崇峻五)年、完成は596(推古四)年である。その後、浪速の四天王寺と斑鳩の法隆寺が建てられた。法隆寺は、670(天智九)年に焼失し、その後30年以内に再建されたが、現存する木造建築物としては世界最古である。

仏教の受容の産物として、建築物だけではなく、仏像についても、古い物が残されている。それらには、大陸の仏教美術の模倣にとどまらず、日本独特の美意識が働いていると指摘できる。ここでは、日本史上初期の仏教美術について、俯瞰したい。



仏教の渡来と飛鳥時代の寺院建築:日本の美術
法隆寺の伽藍:日本の美術
飛鳥時代の仏像1:飛鳥大仏
飛鳥時代の仏像2:法隆寺金堂釈迦三尊像
飛鳥時代の仏像3:法隆寺夢殿観音
飛鳥時代の仏像4:広隆寺の半跏思惟像
法隆寺玉虫厨子:日本の美術
白鳳時代の仏像1:百済観音像
白鳳時代の仏像2:中宮寺半跏思惟像
白鳳時代の仏像3:夢違観音
白鳳時代の仏像4:橘夫人念持仏
法隆寺金堂壁画
法隆寺五重塔の塑像
当麻寺の塑像と乾漆像





HOME









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2014
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである