日 本 の 美 術
HOMEブログ本館日本文化美術批評東京を描く水彩画動物写真 | プロフィール掲示板



小林清親の東京名所図


小林清親は、光線画と呼ばれる画法を駆使して明治初年の東京を版画という形で表現した作家である。幕末から明治初年の江戸―東京を絵画の世界に定着した画家としては、安藤広重や河鍋暁斎という先輩がいたが、清親は自分なりの独特の画法で、明治初年の東京、それは徳川時代の田園的な雰囲気を残した江戸の名残としての東京から、西洋風の近代的な都市へと変貌しつつあった東京だが、そうした過渡期の東京の姿を、如実に見える形で残したことは、絵画の歴史の上のみならず、日本の歴史の上でも貴重な貢献であったといわねばならない。

清親は、幕末の弘化年間に、幕臣の下級武士の子として江戸の隅田川沿いに生まれた。徳川幕府が崩壊すると、一家は主君の徳川氏とともに静岡に移り住んだが、なにせ下級武士のこと、食い詰めて再び東京に出てきた。そんなわけで、彼は少年時代に本格的な絵の修行をしたことはない。東京へ出てきてから、ワーグマンや暁斎の指導を仰いだようだが、彼の画法は独学によるところが大きかった。

そんな彼が、明治九年に、二十歳代半ばの若さで、東京名所図と題する版画のシリーズの刊行を開始した。日本橋の版画屋松木が、清親の才能に惚れこんで、世に出してやろうとしてくれた結果だった。このシリーズは大いに人気を取り、明治九年から同十三年頃にかけて、百枚以上を世に出した。

その後清親は風景画以外に絵の幅を広げてゆき、版画のみならず肉筆画も描くようになるが、やはりなんといっても、彼の画家としての意義は、東京名所図にあると言っても良い。

ここでは、そんな清親の東京名所図のなかから、70点ばかりを取り上げて、鑑賞してみたいと思う。なお取り上げた版画のタイプはいずれも大判錦絵(B4版とだいたい同じサイズ)である。


東京銀座街日報社、新橋ステンション:小林清親の東京名所図
東京新大橋雨中図、隅田川小春凪:小林清親の東京名所図
東京橋場渡黄昏景、橋場の夕暮:小林清親の東京名所図
東京小梅曳船夜図、小梅曳舟通雪景:小林清親の東京名所図
二重橋前騎馬兵、旧本丸雪晴:小林清親の東京名所図
両国雪中、両国花火之図:小林清親の東京名所図
柳島日没、亀戸梅屋敷:小林清親の東京名所図
御茶水蛍、茶の水雪:小林清親の東京名所図
今戸橋茶亭の月夜、今戸有明楼の景:小林清親の東京名所図
不忍池畔雨中、池の端弁天:小林清親の東京名所図
上野公園画家写生、上野公園内之景:小林清親の東京名所図
海運橋、駿河町雪:小林清親の東京名所図
愛宕山の図、高輪牛町朧月夜景:小林清親の東京名所図
滝の川の図、滝の川の池の橋:小林清親の東京名所図
梅若神社、向島桜:小林清親の東京名所図
御厩橋之図、隅田川中洲水雷花:小林清親の東京名所図
御城内吊橋之図、九段坂五月夜:小林清親の東京名所図
品川海上眺望図、大森朝乃海:小林清親の東京名所図
湯島元聖堂、神田神社暁:小林清親の東京名所図
堀切花菖蒲、柳原夜雨:小林清親の東京名所図
上野東照宮積雪之図、上野東照宮の夜:小林清親の東京名所図
千ほんくい両国橋、東京両国百本杭暁之図:小林清親の東京名所図
元柳橋両国遠景、萬代橋朝日出:小林清親の東京名所図
江戸橋夕暮富士、日本橋夜:小林清親の東京名所図
本町通夜雪、大伝馬町大丸:小林清親の東京名所図
桜田弁慶堀原、虎乃門夕景:小林清親の東京名所図
大川富士見渡、隅田川夜:小林清親の東京名所図
佃島雨晴、三又永代橋遠景:小林清親の東京名所図
大川岸一之橋遠景、隅田川枕橋前:小林清親の東京名所図
芝増上寺日中、赤坂紀伊国坂:小林清親の東京名所図
常盤橋内紙幣寮之図、一石橋夕景:小林清親の東京名所図
浜町より写両国大火、両国大火浅草橋:小林清親の東京名所図
浅草夜見世、浅草寺雪中:小林清親の東京名所図
浅草田圃太郎稲荷、浅草蔵前夏夜:小林清親の東京名所図
亀井戸藤、本所御蔵橋:小林清親の東京名所図
小林清親の花鳥動物画







HOME内容へ










作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2013-2016
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである